« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.30

助けてください

モニターに向かってSOSを叫ぶ

お願いです!誰か助けてくださーい!

05-05-29_09-26

いろんなことを試したけどはずれないんです (ToT)

どなたか知恵を貸してください!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.05.29

いやぁ良かった

ホントに良かったですね。

ジェフは鳥肌がたつくらいどんどんGOAL決めるし、東京は久々の勝ちゲームだし。

大分まで応援に行った甲斐がありましたね、現地組のみなさま。

私は千葉ダービーも見に行けず、負け組(×2)かな。

そして、今回のこのグループを放送しない739は負け組でしょう。

やべっちFCが楽しみです。

昨日はスポーツニュース見逃しましたけど、どんなでした?

見逃したといえば、U20の録画放送を見逃しましたので、私は負け組(×3)ですかね。


※すぐさま追記
なんだよーやべっち、ナビスコカップのことチビっとしかやんないじゃん。しかもジェフのことはスルーですか。なんなんだよもー。
やべっちFCに期待した時点で負け組(×4)だったのかオレは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.25

シビレる言葉

世界ユースの壮行試合で得点した水野くん。
J's goalのコメントでは感じませんでしたが、スポニチではこんな風に書いてあってシビレますた。

右足でFKを蹴ることもある水野は「自分が蹴るとしてもあそこを狙う。そう思って走った」。身長1メートル73、Jリーグで3番目に軽い58キロ。線の細さを理由に筑波大の推薦入学から漏れたほどの小兵だが、大柄のDF陣の間をかいくぐり、値千金のゴールを決めた。もちろん前田のFKの精度の高さを信じ抜いていた。

表現することを職業にしてる人が書いたんだから当たり前かもしれないけど、すげーカッコいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

スタジアムに行けなくても

応援に駆けつけられなくても勝って欲しいと思う人はいます。たぶんたくさんいます。

行けない自分が(勝って欲しいというコトバを)言うべきじゃないかもしれないという、おそらく、いつもは遠方へも行くのに今回だけは応援に行けない事へのうしろめたさから出るコトバでしょうが、そんな発言に出会うとちょっと悲しくなります。だって私はたいていの場合行けないことの方が多いから。

チームや選手たちに届かなくても、スタジアムで跳ねなくても、声を出さなくても、応援する気持ちは持っています。
「気持ち」だけじゃ直接チームの役に立たないかもしれないけど、こうやってここでがんばれって言うのは、まったく役に立たないこととも思わないです。どんな役に立つのかと聞かれると答えられませんけど。。。

いいサッカーをしているのに観客動員が少なくて貧しいチーム。なんとか動員を増やそうと知り合いをスタジアムに誘ってチームに貢献しようとする人。心惹かれる文章でスタジアムの楽しさを伝え、動員につなげようとする人。私は誘う人にはなれないし、面白い文章も書けないけれど、そんなサポーターたちが好きです。

順調にファンが増え動員も増え、タイトルを得ることのできるようになったチーム。JFLの時代から、面白おかしく楽しく笑える応援でゲームの勝敗よりも応援することそのものを楽しんでいるかのようなサポーター。なじみやすい歌をたくさん使って、つい口ずさみたくなる応援。宵越しのゼニは持たねぇよ。んまいもの食って飛んで跳ねたら、んなもん全部使っちまった。そんな会話が聞こえてきそう。私は飛んだり跳ねたりできないけれど、そんなサポーターたちが好きです。

チームそのものよりも応援する人が好きなのかもしれないと思うほど。サポーターたちに晴れ晴れとした気持ちになって欲しい。そういう理由もあって、なお一層チームを応援したくなる。そういうファンでもいいですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.23

感想だけ

ゲームはあんまり印象にないのですが、久しぶりにスタジアムに行けて、とても嬉しかったです。(子供かよ)

・臨海ではアウエー応援側と行き来できないようになっていたと聞いたが、味の素は何の仕切りもなかった。さすがは強く愛されるスタジアム(?)
・初めてのA自由席。ジェフ側に座りました。空いてたから。
・お日様と直接対決だったのでとても暑く、選手たちがにじんで見えたので誰が誰やらわからない状態でした。
・ポペスクが出ていた。初モノだーと喜んでいたら、1得点。素晴らしい。
・「ス!ト!ヤノフ!スト!ヤノフ!」のコールだと思うんだけど、「くそやろう」に聞こえてしまって不快に感じた。
・ストヤノフだと気づいて自分のバカさに笑った。
・高いなーと思ってやきそばを食べたら意外に量が多かったのでプラマイゼロ。
・前半はジェフが攻めていたせいか、遠い側のエリアばかりでボールがまわり、よく見えなかった。

・ハーフタイムにグッズを買いに行ったら、青赤のゴムミサンガは売っていなかった。
・後半になってやっと攻め始めた東京。こうでなくっちゃ。でも得点ならず......。
・しかもジェフは攻めるのをやめたのでしょうか。こっち側エリアに全然来ないじゃん。

・静まり返った東京サポを見るのは初めてでした。なんだか切ない気持ちになりました。
・人数では負けているのにずっと応援の声が途切れなかったジェフサポ。素晴らしい。
・はじめてでんぐりを見た。チョーうれしかった。
・東京の選手たちを直視できなかった。ごめんなさい、弱虫で。
・青赤ユニを着ている年配の男性(連れナシ)を見かけて、一人でも来るんだなーと。
・ジェフユニを着ている年配の男性もいて、こちらも連れナシの様子なので、ちょっと感動した。だって近所だから来てるってわけじゃないでしょう?

・帰りにユーロスポーツに寄ったらゴムミサンガがあったので買えた。良かった。
・でも黄色の方がかわいいことがわかった......。しかもサイズがちょっと大きい青赤ゴム。重ねると黄色(ユースサイズ)がぴったり中にハマるくらいでした。
・帰りの車から、競技用自転車(?)をガシガシ走らせている人が青赤マフラーだったのを見た。感動した。

サッカーを観るというよりも、スタジアムを楽しんだ感じでした。ゲーム内容は全然覚えていません。これから録画を見なくっちゃ。(臨海のを見てからだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

結果不問

明日のアマスタに行けることになりました。たぶん。

スタジアムに行くことは私の中では特別なことだし、最近つらいことが多かったので、こんなに嬉しいことはありません。

あぁぁーーどうしよう。そわそわしてしまいますよ。

だけどまだ先週のジェフvs東京を見ていない。おとといの夜やっと、FC東京ホットラインを見たのだ。しかも先週の放送分。

遅いっ!予習せねば。
いや、予備知識はないほうがおもしろいかもしれないし。
でもやっぱり見ておきたいし。
けど、見てる時間がないぞ。
明日出かけるなら今夜のうちにやっておかねばならないこともあるし。
あれも、これも、それも。。。

ぬぁぁー忙しい!

うれしい!

急げ急げ!

何を?

早く!

(パニック中)

・・・・・

どちらが勝っても負けても引き分けてもいいですよ。楽しめるゲームをお願いします。(いや、できれば東京の勝ちがいいかな、こないだ負けたから)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.18

かなり遅いデスね

今頃になってやっとジェフvs浦和をJsportsで見たワタクシはいったい何をやっちゃってるんでしょうか。

こんなんじゃ、いつまでたってもサポーターにはなれませんね......

浦和戦を見て、ジェフサポさんの溜まったストレス(?)をちょびっとだけ体感できました。あんなにゴールを脅かしていながら得点できないなんてね。あーっ!もうっ!なんでコレが入らんか!って気持ちになりました。

次の東京戦で勝利できて、さぞや嬉しく気持ちよかったことでしょう。(他人事かよ)
スポーツニュースでちらっと見た巻のヘッドはすんばらしく美しかったですものね。爽快ですよね。

さてさて、ワタクシ、いつになったらそのジェフvs東京が見れるのでしょうか。次のナビスコ杯のジェフvs東京が迫ってるというのに。

観戦にも行かれないワタクシですが、どうか見捨てないでくださいね。(誰?)

そうそう、その浦和戦でひとつ気づいたことがありました。

それは水野くんのスタイルの良さです。

足が長いのかなぁ。全体的に細いけど。ていうか、シャツがきちっとパンツに入っていて、ななめ後からの姿、シャツのシルエットがすごくきれいでした。他の選手はデレっとしていたのにね。

って、どうでもいいことですね。すみません。 試合中のシャツのことなどいちいち見てるなよ自分。ばか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

現実逃避?

100円ショップで見つけたポーチ

jef  tokyo

両方とも愛用しています。












並べてみた


jefandtokyo





















戦わせてみた


jefvstokyo































ただそれだけ。

ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土曜日は決戦

東京は、やっと勝ち点1を取った前節。これで流れが変わるはず!と誰もが信じ、次こそは勝つ!と意気込みは再度満タン。
東京の選手の笑顔が見たい。なんとか勝って欲しい。勝たせてください神様。

ジェフも、いい試合と言われながら引き分けが続き、次こそは勝つ!と誰もが願っている。”あともう少し”のところになんとか届け!と。
ジェフの選手のでんぐりが見たい。なんとか勝って欲しい。勝たせてください神様。


・・・って、どうしてこんな時に対戦するんですか。

この試合のことを考えると、心臓のあたりがぎゅーんってなるんです。
おしりのあたりもムズムズするんです。
アタマもおかしくなっちゃったみたいです。ヘンな病気でしょうか。

去年はこんなことなかったのになぁ。

去年1st の臨海では、ジェフの側に座り、ゆるめのジェフサポに囲まれつつ、少し東京に肩入れしながら見ていた。東京のシュートは打てども打てどもゴールせず、まるでゴールマウスにラップでもかけてあるかのようだと誰かが言ってたっけ。入れ!入れ!と心では思い、顔はあくまで無表情に。ジェフが1人退場になったとき聞こえてきた「何があったの?」「モニが副審になんかチクった!」という会話がなんだか可笑しかった。でも顔は無表情に。

2nd の味スタでは、東京の側に座り、ゴール裏の応援を見て聞いて楽しみつつ、ジェフの順位が少しでも上に行けばいいなと思いながら見ていた。巻の確変か!と思いきや15分ほどで確変終了(だっけ?)。梶山の変態シュートが面白かったよね。どちらのゲームも引き分けで、なんて仲良しなんだろうって思った。

ライトなファンだったんだな。

今年は私、どうしちゃったんでしょうか。何をするべきなんでしょうか。

するべき、と言っても何もできないけどね。
その日は学校に6時までいなきゃいけないし。だから臨海へはとても行けないし。テレビも見れないし。大学の先生なんてキライだー。ばーかばーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

前向きに (追記)

こちら様のエントリーを読んで、少し元気が出てきました。

出口は見えた!@青赤自転車でいこう。様、ありがとうごさます。

それから、
なんてったって東京、わたしは東京。@DRIFT AWAY 様、ありがとうございます。

これがスタートだと思えてきました。
だから試合後に選手・スタッフが全員で客席に向かって挨拶したんですよね。仕切りなおしてがんばるぞって。

9999ゴールと10001ゴール。まさかのロスタイム同点弾。ツキに見放されたとしか言いようのない感じ。

けど、見放されてた割には連敗ストップになった。不運を跳ね除けたんじゃない?選手・監督・スタッフの意気込みが。
そう考えたらラクになりました。

東京系ブログのみなさんありがとうございます。



※5/12追記

嬉しやFC東京生活様がご紹介されている、火の玉小僧の激辛アルディージャ(大宮系)で、矛と盾を読みました。

また泣きました。違う意味で。私は感情移入しやすい体質なんだな...。

先日の涙は、映画やドラマを見て泣いたり、小説やマンガでも泣ける私が、初めてサッカーで泣いたというだけのことだったのかもしれません。もらい泣きみたいな感じ。
自分がサッカーをやっていて、右サイドからクロスを入れたい、石川ナオのように加速したい、石川ナオのような攻撃がしたい、石川ナオのように、石川ナオのように、、、
 →石川ナオになりたい、と思ったりしている 変態な ので同化してしまったのではないかと思います。(不快に思う方、ごめんなさい)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.05.09

誰のための涙なのか

あと残り7~8分くらいというところで、攻撃するのをやめたように見えた。

どうしても勝ちたいゲームだったから1点を死守するために守備固めしたのだろうというのは理解できるけど、東京らしくないと思った。そしたらロスタイムに同点にされた。倒れこむ選手たち。まだ数秒かもしれないけど時間は残っているのに。倒れこんで試合を放棄したように見えた。というよりも、攻めるのをやめた時点でもう心は倒れていたのかも。

最後にナオが独走してシュート(入らなかったけど)したとき、ナオしか見えていなかっただけかもしれないけど、他の選手はだれも上がってこなかったように見え、その時点で私は怒っていた。こんなの東京じゃない。そしてまさかの同点。試合終了。

信じられない。うそでしょう。

やり方は間違ってないって言ってたじゃん。なのに最後にやり方変えちゃったじゃん。攻めるのをやめたからいけないんだ。

そう言いながら涙が出た。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.05.07

オシムの誕生日

どなたか招待された方はいらっしゃいますか。
是非ともレポお願いします!

※追記

こちらにいらっしゃいました。

オシム誕生会に招待されたんですよ! と、alizさん。

そこに紹介されているオシムの言葉を読んで涙が出ましたよ。

監督は代わっていくけどチームや選手は残り続けるので、 私よりも選手を一番大事に想ってあげてください。

ああ、オシム様...

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.05.06

ジェフのサッカー

広島戦。
高評価いただいてうれしいのでメモメモ。

「最強の矛を持つチーム(千葉)と最強の盾を持つチーム(広島)の対決」とのこと。
俗な表現とご本人はおっしゃっていますが、私はカッコよくて好きです。
リンク: 自記公開書: 千葉戦の感想.

「千葉の完成度の高さには本当に感心してしまいました」とおっしゃるこちらもご紹介。
リンク: 今週のSANFRECCE Diary: 第10節千葉戦.

「もしボクシングの判定であればジェフユナイテッド千葉の圧勝だったであろう」
リンク: ゆみしん徒然の書: 市原臨海競技場に行きました.

「千葉は強かった。千葉のみなさん。気合いの入ったプレー、有り難うございました」
リンク: 瀬戸智子の枕草子: 引き分け.

「僕がなって欲しいと思ったチームのイメージは ジェフだった」
リンク: BROOOON!:vs.千葉 05.5.4.

「リーグ最強を誇る千葉の得点力」
リンク: サンフレッチェ広島世界最強!!!.

対戦側サポのレポートはジェフサポのレポートを読むのとまた違った味が楽しめますね。

って、まだこのゲーム見てないんです。このごろはレポを読んでから見るというパターンが多く、それはそれですごく内容がわかりやすく楽しいものです。
私にサッカー知識が無いという武器あるから楽しめるわけですけども。
それに、高評価だからといって喜んでいてはいけませんね。
まだまだファンの域を超えないmamaでした。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

負け続けること

競馬ではそんなことしょっちゅうですよ。

やりませんけどね、自分は。


関係ないですけど、すごくおもしろい記事発見しました。
どこにあったか分からなくなっちゃったんで、出典は不明ということで。

不動産屋のチラシ。

この物件は

築:5分

駅から:2年

建ちたてのホヤホヤだけど、駅から遠すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

どうってことないさ

カウンターが今までに見たことない勢いで回ってビビっておりますが、有名どころで取り上げられると嬉しい反面どうしていいやらわからないものなのですね。
訪れる人がたくさんいても、誰もコメントしてくださらないのはやはり、私の文章では人をひきつけることができないのだと再確認して落ち込むばかりです。有名どころなのにあまりコメントやトラバが無いのは、私のように無鉄砲に書き込みをしない思慮深い方々が読者に多いのだろうなぁと反省しております。
期待してここに来てくださった方々、ごめんなさいね。

開き直ってこんなもの作ってみましたよ。

9_

昨日・今日のうちのカウンターが回る勢いと同じくらいの勢いで下降しているFC東京の順位ですが、5連敗っていうのはいただけませんね。東京サポの方々には、まだまだこれからだ、今が正念場だ、現時点での順位など気にしない等々おっしゃる方もいらっしゃいますが、私は順位はやはり気になりますし、このまま負けに慣れるというか負けグセがつくような気がするので今日は絶対に勝っていただきたいと祈っております。現場に向かわれる方は大いに応援して飛んで跳ねて歌って叫んでください。
夕べはディポルティボ戦の録画を見ました。代表メンバーのいない中、みんな奮闘している姿を目に焼き付けました。原ヒロミの言う昨年のベストマッチです。怪我人が多く万全じゃない今日のゲーム、もしかしたらベストマッチになるかもしれませんよ。

そして臨海では双子ダービー。あー。
なんでうちではちばテレビが映らないんだろう。明日にならないと観れないなんて。
あーーーーもーーーぉ。

これは...今から臨海へ向かえという風の女神様の思し召しでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.03

乗り遅れたけど

審判について。

おととい、ジェフvs鹿島の録画を見ていたお父さんが、ストヤノフがレッドカードをくらったシーンで超びっくりしたらしく私を呼んで繰り返し再生して「これはヒドイ。こんなのでレッド出す審判のレベルが低すぎる」と言い、巻が新井場に倒されたシーンはイエローが妥当だろうと思うがさっきのレッドはないだろうとのことでした。あの判定のせいでゲームが狂ってしまったと。審判を裁くヤツはいないのかと。勝った鹿島も後味が悪かろうと。

昨日はどういうわけだか日本vsイランの録画を見ていました。審判がイラン選手のファウルに注意したところで、解説の松木さんが「今の審判の注意はそれ以上やると危険な行為としてイエローになるよという警告だけでしたね」というような事を言っていました。警告・イエロー・レッドの基準。どれが正しいのかよくわかりません私には。

先日の鹿島戦での判定について、やる気のない日々(東京系)さんではこのままじゃ誰も審判をやらなくなるな。と、おっしゃっています。勇人がHP上で発言したことについても、守ってやれよ、というふうに気にかけてくれています。勇人はよっぽどの悔しい思いで発言したのだろうけど、それがもしかして選手として越えてはならない一線を越えた発言だったのかしら?なんか処分があったらどうすんの、と思ったのだけれど、その後の過密スケジュールのせいか、なにも起こらずホッとしていました。

現役審判Mの徒然日記さんの審判員のレベルUPのエントリーで、”選手を審判が育て、審判を選手が育てる”という言葉があります。選手・審判お互いに研鑽してレベルアップを図るべき と。
そのとおりだと思います。でも、その意識がお互いにあって、お互いが尊敬しあえているような、うまくいっていればの話ですね。

そして、川崎戦の試合後、審判に抗議した選手の行為をオシムが審判に謝罪したとか。
白目がちの犬さんが拾ってきたネタより。
ああ、オシムという人はなんて大きい人なんでしょう。

きっとね抗議したい気持ちはオシムも同じだったんじゃないかな。そのゲームのその審判だけでなく審判員全部に。だから抗議もやるだけやらせておいてあとでフォローした。いさめられた選手は自分を省みて、精進し、選手としても人間としても伸びる(だろう)。抗議された審判も自分の判定や基準を省みる(だろう)。オシムが謝罪したことによって(謝罪は選手の行為に対してであり判定を認めたからというわけではないのだから)、今後は細心の注意をはらってジャッジするようになる(だろう)。

↑これ妄想ね。いちおう。

私はサッカーをやってるのに実はルールなどに詳しくない。Jリーグの試合での審判の判定についても、すごく抗議したくなるほどの気持ちを持たない。よくわからないから。

自分のサッカーの練習のときには、ボールを奪おうとして相手と絡まって倒したり、ヘディングで競って相手とぶつかりお互い倒れたとき、すぐさま「今のはファウル?」って訊くんですけど、よくわからない答えが返ってきたり、だれも返事してくれないままゲームが続いたりして、結局どうなるとファウルなんだかわからないのですよ。まぁ、お嬢様サッカーですから悪質なことはしませんし怪我することもないですけど。

友人は審判の資格を取ったので時々主審をやったりしている(草サッカーだけど公式)し、いろんなことをよくわかっているんだろと思う。誘われたとき断らなければよかったよ。私もこれから審判の資格を取りに行こうかな、今度はいつ検定があるんだろうな、と最近よく思う。正しい判定基準がわかると、もっとサッカー楽しめるかな。ストレスにならなきゃいいけど。

ってまとまらなくなりましたが、つまり、サッカー観て楽しみたいってことです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.05.02

なにがダメって

応援スタイルいろいろあれど、何が一番ダメかというと

うちのテレビ。

MXTVの映りが悪くて吹雪の中で試合しているように見えるのがダメダメかな。

広島戦だっけ?本当に吹雪いてたのは。あれが違和感なく見れるくらいだと言えばおわかりかと。

これで勝ちゲームならまだしも 5 連 敗 ってのはストレスですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »